2019年8月26日月曜日

叱るべきか、叱らぬべきか、それが難しい。。。😲

「ほめてそだてよう!」という事が主流の今日、
なかなか叱ることに悩む親御さんも多いのではないでしょうか?

子育てに怒りはつきもの。。。
怒りの感情は大切。。。
などと言って見ても、
日々イタズラ好きの子どもと向き合う日々にはあまり役に立ちません。

『叱る』ことを怖がる親御さんもいらっしゃるでしょう。
「子の自尊心を傷つける」
「萎縮した子になってしまう」などと。
いろんな本には色々と書いてありますから。

なぜ叱るのか?
* ルールを教えるため。
* 「ここまでなら大丈夫」という安全の枠組みを示すため。
   → それが安心感を与えます。
* 帰属感を育てるため
 
など、叱ることにも意義があることが沢山あります。
子どもの成長段階により、ルールを教え、伝えるべき時代があります。
その時はよりきっちりと教えること、そこで学ぶことができると、
その後の成長もより安定したものになるのです。

🧒👧🌳


教育者向け TAPATE コース 9月から😁

 💓 教育者向(TAPATE)コース 2019年9月〜

 Transactional Analysis Proficiency Awards for Teachers and Educators (TAPATE)。

交流分析の理論の学習を通じて自己理解を深め、仕事現場での応用を学びます。

教室運営はもちろん、保護者対応、同僚と関係向上にも役に立ちます。

<学習のゴール>

  1. 自身の特性を知る。
  2. 特性を活かした人との関わり方を学ぶ。 
  3. 自己成長への次の一歩を知る。  


<アワードへの道>
  1. 契約;日時、場所、内容、ルール、料金等についての約束事の確認。
  2. TA理論の学習→ ポートフォリオの作成(TA概念6つの理解と応用事例)
  3. ポートフォリオを査定者(国際資格保持者)に提出 → 
           → アワードの授与🎉



<学習内容>
 1 自己理解、交流理解の為の:
    自我状態、やり取りの分析、ワーキングスタイル、人生脚本など。
 2 より良い働きかけ理解の為の:
   ストローク 値引き、時間の構造化、人生の立場など。
 3 システム理解、問題解決の為の:契約、ドラマの三角図、心理ゲーム、など。

<日時> 
  
   ①9/14,  ②9/28  ③10/5 ④10/12,  ⑤10/19  ⑥10/26  ⑦ 11/2 ⑧ 11/23 
   土曜日の午後4時から6時半

 <費用>
  全8講座 各2時間半 $46 x  8回分=$368  
  プラスIDTAへの寄付$12     計 $380
  *補講:事情により講座不参加の場合の補講は内容を
  1時間(+$20)で行います。
  *お支払いは銀行振込、又は現金で講座開始前に一括でお願いします。          
   個人的理由によるお支払い後の払い戻しには応じかねます。
流分析技能章TAPA(Transactional Analysis Proficiency Award)は欧州交流分析協会の協賛を受け、発達交流分析協会(IDTA:Institute of Developmental Transactional Analysis 本部イギリス)によって国際的に運営され(www.instdta.ta-proficiency-awards.html )学習内容は国際発達交流分析協会の専門基準に則しています。www.instdta.org, www.icdta.net

交流分析(Tansactional Analysis, 以後TA) は精神科医エリックバーンよって創始され、精神療法の理論として発達し、近年は国際交流分析協会(ITAA)を基軸に理論の応用が広がり、企業、教育、福祉分野などでも大いに活用されてきています。発達交流分析は、人が自他を尊重し、各人が自律性をもって人として成長する事を目指します。



 



2019年8月24日土曜日

子どもの友達づくり

ボランティアの電話相談室でよく出る話題に、

「お友達とうまくいかない。。。」
「どうやったらおともだちになれるのかわからない。。。。」

というのがあります。

すぐに出来るコンピューターゲームや、核家族化、などから子どもたちの人との関わりかたを学ぶ機会も減ってきているからでしょうか?

そんな時の4つのステップをティンクルフレンドでは紹介しています。
どうぞ、お子さんとシェアしてください。💗

① まずは😀😀スマイル!
② 遊んでいる友達の仲間に入りたかったら ”入れてくれる?”
 これも笑顔でフレンドリーに。
③シェアー と リスペクト
 お友達関係は一方通行ではなく二方向。
 お互いの違いも認めて、自分がしてほしいと思うように相手にもする。
④お互いを知る。
 新しいお友達の事を知るために質問をしてみる。
 そしてお互いのことをよりよく理解出来るように、一緒に時間を過ごす。

何を言って良いお子さんには、例えば、
 * 好きな食べ物は何?
 * 好きな映画は?
 * 好きな動物は?
 * お誕生日はいつ?
 * 好きな洋服は?
 * 大切にしているものは?
 
 などの質問から初めて見ることもできます。💪

 当たり前のことのようですが、子どもたちは案外と自然にはできないものです。
 実際の言い方などを一緒に練習してあげても良いでしょう。💗

そしてもう少し進んだら、
 
 * 将来は何になりたい?
 * お風呂に入っている時に歌う好きな歌は?
 * 一番会いたいと思っている有名人は誰?
 * 得意なことは?

 などなど。

 さて、最後に質問、
 以上の質問、あなたのお子さんについて、あなたは答えを知っていますか? 😯
 




”J.Hay 日本語付きwebinar” 国際TA 専門レベル 10月〜

TAをすでに学ばれている方へ

今回はTAを真剣に学ばれている方へのお知らせです。🌷

* 国際TA協会の4分野全てで教授資格をもつJulie Hayのウェビナーが
10月から始まります。(Web会議ソフトZoom使用)

* このプログラムはジュリーが英語で国際的に行なっている内容と同様、TAを各自の専門分野で活用する為に学んでいる方々を対象としています。

* TAの4分野全て(心理療法、カウンセリング、教育、組織)に応用可能なTAの概念を最新の情報を含めてトータルに学んでゆきます。

* 受講時間は国際TA基準,(TSTA)教授資格の先生からのトレーニング時間として認定されます。

講座は10月開始予定、毎月第二金曜日、2時間、午後8時〜10時です。

10月11日 プロフェッショナルの介入 (Professional Intervention)
11月8日  子ども時代と一生涯の発達 (Childhood &Lifetime Development)
12月13日 交流と人間関係 (Interactions & Relationships)
1月10日  チームワークとグループのプロセス(Teamwork & Group Processes)
2月14日  組織と制度のダイナミックス(Organizational &Institutional Dyamics)
3月13日  リーダーシップと力(Leadership & Power)
4月10日  一連の過程のための技術 (Process SKills)
5月8日   実用的なリサーチ (Practical Research)
6月12日  文化的、文脈的考察 (Cultural & Contextual Consideration)

1講座 50英ポンド(約6400円 8/18 現在)
   (但し、初回はお試しとして20%値引き。)

ご興味のある方は aptac15@gmail.com までご連絡を。


2019年6月11日火曜日

国際発達交流分析(IDTA) 運営委員会に参席

交流分析アワードを授与するIDTAの
運営委員会ミーティングに参加しました。🌲

交流分析をコーチング、企業で、教育分野で、カウンセリング分野で使っている専門家8名ほどが、今後の方針について話し合いました。

イギリスで発足したIDTAですが、今やヨーロッパを中心に、ロシア、トルコ、インド、ルーマニア、アゼルバイジャン、などを含め、中国にもメンバーを増やしています。

国際交流分析協会の魅力は

1)交流分析ビギナーを歓迎し、その認定システムが明確
3)交流分析の国際規定の質の確保
4)希望者はより高度なレベル(国際資格)に進むことが可能

まずはAPTEC提供のアワードにトライしてみてください。
正真正銘ビギナーレベルで、成長したい、人の成長に関わりたい、
と思われる方なら
どなたでも受講可能です。

オンライン講座は近日中にアップ予定です。💖






2019年5月13日月曜日

国際TA協会前会長、TA全領域の教授資格保持、Julie Hay の日本初来日、無事終了!

日本のゴールデンウィーク、今回は大阪、東京でのワークショップに出かけておりました。国際TA協会の大御所、Julie Hay 初来日プロジェクトに関わっていたからです。
大阪でのメンター、コーチングに関するワークショップから、リーダーシップ、TAのトレイナー向けセッション、国際試験の模擬、臨床のスーパービジョンから組織の変革に関する理論まで、TAがカバーするほとんどの分野にまたがるワークショップの数々に述べ100人を超える方々が参加し、活発な質疑応答、討論がなされ、有意義な時を過ごしました。これを機会に今後、様々なオンラインセッションを企画して行くつもりです。

2019年4月19日金曜日

<💌教育者向け発達交流分析技能アワードコース>



先生向けコースのご案内😁

教育に携わる方々向けに、交流分析の基礎理論を紹介、演習を通して理論を活用する、

Transactional Analysis Proficiency Award for Teachers and Educators (TAPATE)

 発達交流分析は、人が相互を尊重、各人が自律性をもって行動、人として成長する事を目標としています。TAPAは国際発達交流分析協会(IDTA)によって国際的に運営され、欧州交流分析協会の協賛を受けています。

内容は国際発達交流分析協会の基準に即したものです。www.instdta.orgwww.icdta.net

(各国の例はwww.instdta.ta-proficiency-awards.html 参照)

受講すると 
①自分自身の特性を知り自己理解を深める。 
②その特性を活かした人との関わり方を学ぶ。
③自身のさらなる成長への次の一歩を知る。

<TAの基本的哲学>
(1)全ての人は人間の存在としてOKである。
(2)人々には皆成長したいという自然な欲求がある。
(3)人は自分で決断をし、その行動に対しての責任がある。

<平等な機会提供への働きかけ>
IDTA(International Developmental Transactional Analysis )は個人の障害の有無、信条、人種、年齢、性別、社会的地位等に関わらず全ての人に等しく学ぶ機会を提供し、参加を歓迎する。

<アワード獲得への道>
コントラクト →  TAの学習 →  ポートフォリオの作成(TA理論6つとその応用事例を明示。)
ポートフォリオの提出 → 審査 → アワードの授与 🎉 👏👏👏

<学習内容>
交流分析の主な概念(自我状態、交流の分析、ドライバー、ドラマの三角図、ストローク、ディスカウント等)と、その応用の仕方を学びます。
 

<日時> 下記土曜日の午後4時から6時半
①9/14,  ②9/ 28  ③10/5  ④10/ 12,  ⑤10/ 19  ⑥10/26  ⑦ 11/2  ⑧ 11/9

<費用>全8講座 各2時間半 $48x 8回分 = $384    プラス IDTAへの寄付$16   計 $400             
    *補講:事情により講座不参加の場合の補講は、同じ内容を1時間(+$20)で行います。
    *お支払いは一括で、銀行振込、または現金で、講座開始日までにお願いします。
     個人的理由によるお支払い後の払い戻しには応じかねます。

<場所> ANIMA RESOURCES CENTRE     (Boon Keng 駅最寄)          

お申込みは:『TAPATE申込』氏名、勤め先、電話番号を明記の上、aptac15@gmail.com   まで。
皆様と楽しい学びの時を楽しみにしております。😁